読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

六本木クラブvanityとストリートでナンパ即―サンからのフィールドレポート―

 

2013年某日

 

「これが才能か。」

かれの高速ネグを見て、yuuは驚嘆した。

モデルを相手に、どんなネグを繰り出そうか。かのじょを観察しながら、高速で頭を回転させた。

負けた。

かれは光速でネグをくりだした。

刺さった。

口は笑いつつも当惑した目。

ボディタッチ。

間違いなく、IOIだった。

 

初めての本気ナンパを終えた、サンからのフィールドレポートです。

 

 

 

続きを読む

六本木&西麻布でナンパ2即―the Pick Up Artist―

 

2013年某日

 

金曜日であった。

いつもなら、アポをいれるかナンパに繰り出していた。

 

 

今日は、違った。

アポはとっくにキャンセルしていた。

仕事のスピードを落としたくなかった。

αメイルの条件である成功したライフスタイルを手に入れるべく、yuuはこれまで以上に仕事に力を注いでいた。

交差する男女、華金によろしく。

 

 

 

そのはずだったし、実際に実行していた。

にもかかわらず、yuuは地下鉄から六本木の地上に出ていた。

asapenに電話でピックアップされたのだ。

yuuは、とんでもない即系であった。

 

 

 
続きを読む

西麻布クラブmuseと六本木ストリートナンパ4即―乱れるyuu宅再び―

 

2013年某日

 

 

「いまのセットはクローズまでいけただろ。なんで離脱を決めた?」

「確かに和めていた。でも、IOIを確認できたか?」

 

yuuとレビトロは、議論していた。

俺達は、4即を達成すべくmuseにいた。

イメージは湧いていた。

ゴールは、すぐ目の前にあった。

しかも、場所はmuse※1。

yuuとレビトロの始まりの場所だ。

成功は約束されている。そう信じていた。

 

期待は、あっさりと裏切られる。

今夜の俺達は、さっぱり成果が出せていなかった。

1:15。

この時点でまさかの0バンゲ

いつもと同じことをやっているのに。

 

連日のハードワークで、2人はかなり疲労していた。

俺たちがまとう雰囲気は、βメイルがまとうそれだった。

 

museの気だるい熱気と人混みは、放っておいても俺たちの体力と思考力を奪っていく。

流れを断ち切る必要があった。

 

 

 

 

「行こう。」

 

1:30

俺達は早々とmuseを去った。

六本木のストリートから2人組を連れ出す。そして2人で2即ずつ、合計4即を達成するために。

新宿スト2即―限られた時間の中でストリートに出る意味はあるのか―

2013年某日

 

19:30

予定通り仕事を切り上げた。

この日のために、月、火曜日と早朝から仕事をした。

 

 

暖かくなってきた。クラブという温室に篭る必要はない。

ストリートの季節だ。

 

yuuは、ストリートでナンパした経験が数えるほどしかなかった。

とにかく経験の数を稼ぎ、ストリートを攻略する理論の仮説を構築する。

これが、今回のストリート出撃で掲げた目的である。

 

場所は新宿。

少し空模様が怪しい。

雨が振れば、成功の確度は下がる。

新宿についてすぐ、声掛けを開始した。

 

続きを読む

大学生準即―オープナーの耐えられない軽さ,αの重さ―

2013年某日

 

20:30

渋谷の109前に到着。

 

かのじょの姿はなかった。

 

ドタキャンか。遅刻魔か。

 

ストを打とう。TSUTAYA前に向けて一歩踏み出した瞬間、携帯が鳴った。

 

「ごめんなさい。今09の中にいます。もう着きましたか?」

 

 

 

 

 

あれは、3週間前の金曜日だった。

かのじょは友人と2人で、夜の六本木の交差点を浮かない顔をして歩いていた。

 

「俺たちが楽しませてやろう。」

 

レビトロとともにコンビで声掛け。

考えられる限り、もっともくだらないオープナーを切った。

 

「道を聞きたいんだけど、ここ知ってる?」

 

 

続きを読む

六本木クラブvanityでナンパ―かれらはチームだった―

2013年3月8日(金)

 

21:30

外の空気は暖かく、今夜の出会いの素晴らしさを予感させた。

女性との出会いではない。

あの有名なナンパブログ、六本木でナンパしながら起業するブログを執筆しているasapenさん&ケチャさんと合流するのである。

 

 

 

続きを読む

深夜の平日ストリートナンパ即―ヤリましょう―

2013年2月26日(火)

 

レビトロがおもしろい物件を捕まえてきた。

 

vanityで知り合った女性から、某巨大ねずみ講ビジネスのパーティーに招かれたのである。

 

yuuは興味をもった。

 

ネットワークビジネスにではない。

 

その場でナンパすることにである。

そこにいる女性をゲットするのは困難に思われた。

かのじょたちにとって、俺たちはカモである。ネットワークビジネスのパーティーだと知らずにホイホイとやってきたカモである。

端っからオスとは見られていない。

ナンパにとって、これはかなりの逆境である。

新たな成長の予感が漂っていた。

 

「行こうぜ」

俺をピックアップしようとするレビトロに対して、yuuはグダった。

仕事が残っていた。

 

行かないのか。

 

 

今行かずにいつ行くか?

 

 

 

今でしょ。

 

 

 

 

レビトロ、yuu、そしてドクター(職場の後輩)の3人は、光の速さで仕事を終わらせて会場に向かった。

 

続きを読む
クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W