読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

女教師27才準即 121119

121119

 

 

20時ころ、今日は早めに帰ろうと思って会社を出た。

すると、LINEにメッセージが。

 

土曜日にmuseでバンゲした子からだった。

 

ちょうど近くにきてるからこれから飲もうとのお誘いをいただく。

 

俺は明日も会社だ。

 

迷った。3秒だけ。

 

「行こう」と即答。

 

その子は27才で学校の先生をしている。

名前はK

戦闘力は6くらい。

おそらくDカップ。

 

こういう時に御用達のいつもの店を即座に予約、Kを待つ。

Kは見た目はSだが、中身はM。このあと、ドMであると思い知らされるのだが。

 

Kと再開。

つり目が特徴のKであるが、museであったときよりも、やわらかい印象だった。

今日はドレスじゃないからか―museのKは、結婚式帰りでドレスに身を包んでいた―。

 

「よってるからごめんね~」と早速腕を絡ませてくるK。

 

準即を確信。

 

店では恋愛トークをしつつ、浮気癖を確認。

予想以上に堅い子だった。

ただ、店の中でも手を握ってきて、必ずいける確信があった。何の工夫もなく家打診。

 

やはりOK

 

タクシーで家へ。

 

コンビニで買ったお酒を少し飲んで即ギラ。

グダ。

「これでもう会えなくなっちゃうの?」

「12月の最初の休日空けておくよ。」

からのギラギラ→コンバージョン

 

とんでもないドM。

どこで覚えたのだろうか、AV女優もビックリの淫乱なセリフを流暢に操っていた。

 

中出しを迫られた俺は正気にかえる。

 

ゴムをつけてなかった。

 

危機一髪。

 

次に会うという果たされることのない約束を交わして、翌朝放流。

 

==========

最近は、セクの最中にかならず萎える。

俺は何を満たし、与えているのか。

 

そもそも、そこに互恵性は働いているのか。

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W