読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

クラナン、快楽、そして恥辱に満ちた暴露

 

 

考えた。

なぜyuuはクラブに行くのか。

 

理由は

 

2つある。

 

1つ。楽しいから。

ゲーム性があるのだ。

 

それは、RPGのような。

 

まず手持ちの装備がある。

自分が身につけたオープナー、ルーティーン、ネグのことだ。

これらの「テクノロジー」―PUAのバイブルである『ザ・ゲーム』では、ナンパで使う会話の中、「テクノロジーが9割を占める」と言ってのけた人物がいた―を駆使して、女性にアプローチし、和み、ゴールを目指す。

yuuのテクノロジーが通用する女性もいる。

この時に感じる達成感とその後に控えている性的快楽は、楽しみの1つだ。

 

ただ、これ以上に楽しい瞬間がある。

 

 

 

 

自分のスキルセットが、まったく通用しない時だ。

 

なぜ通用しなかったのか、自省し、仲間と真剣に議論を交わす。

 

バイブルの教えが、腑に落ちる。

 

その議論を踏まえて、テクノロジーの出し方を変えてみたり、アレンジを加えたりする。

新たなテクノロジーのアイディアが生まれることもある。

そのテクノロジーを次の実践で試し、成果を見る。

うまくいけば自分の装備に加え、上手くいなかければ修正、改善し、次の実践につなげる。

 

こうしてPDCAを回転させることは、麻薬的な中毒性を帯びている。

 

以上が、yuuがクラブに楽しみをおぼえる1つ目の理由である。

 

 

 

 

2つ目の理由は。

 

yuuの自尊と屈辱と嫉妬が、駆り立てるからである。

 

yuuは、自尊に満ちていた。

だが、空虚が、不意にこの自尊に取って代わった。

 

かのじょが他の男と寝たからだ。

 

クラブで声をかけられた男に、君はついていったのだった。

 

信じられなかった。

 

yuuは、一切浮気はしていなかった。

俺の自尊は、イマジナリーな領域に住んでいただけだった。

裏切られたという事実が暴露してくれた。

 

この暴露は、俺に焼きただれる程のスティグマを押し付けた。

このスティグマは、日を追うごとに強まっている。

 

この事実を認めたくない

未だにクラブで即を達成できないという事実―いや、1即あった―を目の前にしても、認められないでいる。

 

この先また即を達成したからといって、このスティグマは癒えないだろう。

即の蓄積とスティグマの治癒、両者の間に論理的な連関はない。

yuuは、それを分かっている。

 

だが、じっとしていられない。

何かが俺を駆るのだ。

 

20世紀で最も偉大なアメリカの哲学者であるJ. ロールズの言葉を借りれば、自尊心は、われわれにとって最も重要な基本財primary goodsである。

自尊心を奪われた人は、破壊的な衝動に駆られる

 

yuuはその衝動の餌食だ。

クラブに行くと、破壊されている自分を自覚する。

肉体的に消耗するだけではない。

ゲームの一貫として女性を消費することを愉しむyuuの人格は破綻しているだろう。

yuuは、正常にもメタな視点からこの事実を認識している。

しかし、何のブレーキにもならない。

むしろ、よりはっきりと認識すればする程、裏切りの光景は鮮明さを増し、スティグマは漸進的により深く、より醜く刻印され、そしてyuuは自ら軛を締める。

 

hello,

いま君に素晴らしい世界が見えますか?

 

 

 

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W