読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

28才ITガール準即

 

以前museでバンゲしたITガールとアポ。

かのじょは28才。

CanCam系

秋田県出身

157㎝

Cカップ

 

目標はもちろん準即である。

 

20:00に109前集合

かのじょは遅れることなくやってきた

こっちに向かってくる笑顔を見て、yuuは思わずドキっとした

いつもの店へ

 

「行こう。」

手を握る。

「つめた~い」といいながら握り返してくるかのじょ。

一つ目のIOI―こちらに興味があることのサイン―を確認。

 

 

 

適度にご飯を食べながら、

恋愛遍歴を中心にトーク。相手の原理原則を引き出す。

以前ある程度聞いていたので、それをさらに敷衍していく。

 

かのじょは、

・頭がよく

・仕事ができて

・リードしてくれる人が好き

 

「それ、俺に告白してるでしょ?」

「うん。」

 

 

不覚にも照れてしまった

 

 

「そうやって応えるのは何人目なのかな?」

ネグ。余裕を装う。

 

かのじょはシャンパンが好きだ。以前聞いた。

お互いに4杯づつお酒を空けたところで、シャンパンバーを打診。

もちろんOK。

 

仕事の話、大学院の時の研究の話など。

真面目な雰囲気をつくりながら、相手の理想の男性として振る舞う。

 

「酔っちゃった〜。」

目をうるうるしながら身を乗り出してくる彼女

 

IOIだ。

 

家打診へフェイズシフト

 

以前かのじょとは、museでキスとおっぱいは頂いていた。

だが、家打診を断られた。

かのじょは堅い女性を演じたく、俺はそれに適う理由を提示できなかった。」

yuuは、その理由を提示するために家にシャンパン(本当はスパークリングワイン)を置いていた。

 

 

「そういえば、

前シャンパンが好きって言ってたから、俺もシャンパンを勉強しようと思って。

シャンパン買って家に一本置いてあるんだけど、1人じゃ飲みきれないから、一緒にのんでよ。」

「辛口が好きなんだよね?マスターの人に聞いて、辛口のとっておきのやつを用意してもらったんだ。でも俺は味の違いについて、正直よく分からないから、Mちゃん教えて。」

「いっておくけど、エッチはしないよ。悔しいけど飲み過ぎて機能不全なんだ。」

 

OK

 

タクシーでyuu宅へ

 

到着

乾杯

 

不意にキスをする

ラスト・ミニッツ・レジスタンス―セクに入る前の最後のグダ―は無し

セク

 

夏の日焼け跡がまだのこっており、最高にエロかった

yuuの経験上、キスの巧さは、笛吹きの巧さと正の相関関係にある。

かのじょはキスがうまかった。

 

セク後、爆睡

 

起きたら昼だった。

 

その後、シャワーを浴びて、セク

また爆睡

 

15時に起床

自己嫌悪に襲われる

ナンパ関連のことに時間を侵食されてはだめだ。

きっぱりと切り替えなければ。

 

もちろん、Mの前でそんな雰囲気は出さないが。

駅までMを送る。

「今度は、Mの家に遊びにいく。Mのご飯が食べたい。」

「いいよ。グラタン作るね。」

低コストでのおかわりが仮確定した。

 

切り替えて、勉強に戻ろう。

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W