読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

25才幼稚園の先生とアポ

20時、仕事を切り上げて退社。

 

待ち合わせ場所へ。

 

かのじょは化粧をばっちり決めて、museで会ったときよりも大人びて見えた。

 

店まで移動。

いつもなら、ここで手を握る。

 

今日のyuuは握らなかった。

 

そういう気分にならなかったのだ。

 

入店後、会話。

前回の復習から。お互いが相手のことをどれだけ覚えているかゲーム形式で確認し合う。

かのじょは、結構yuuのことを結構覚えてくれていた。

 

 

 

 

その後は恋愛遍歴を聞きながら、相手の理想の男性像を引き出すいつもの流れ。

 

なんだろう。

いつもなら、このときのyuuの頭は、一番上のギアで走っている。

その中で、自分の経験から、相手の理想=ニーズに適ったストーリーを紡ぐ。

そして、相手に価値を提示する。

 

今回は違った。

ギアが上がらない。

 

刺激がなかった。

yuuは、世界が狭い女性に対しては魅力を感じない。

 

その人の世界の広さを端的に表すのは、その人の語彙である。

 

古代ギリシアアリストテレスは、「人間は政治的な動物である」と言ってのけた。

人間は言葉を介して世界を経験し、自らの世界を創造・拡張し、他者にその世界を開示する。

言葉がその人を規定する。

 

退屈だった。

 

早々と店を後にする。

 

「お前の目的は何だ?即だろ?目標にコミットしろよ。」

いくつかのアレックスの言葉が、不意に脳裏をよぎった。

 

つまらないからといって、全力を出さないのか。

次につながる学びを得られないのであれば、それはただの金と時間の浪費だ。

 

PUAの矜持を持て。

 

そもそも、yuuはまだかのじょをものにしていない。

yuuは、一方的に彼女をつまらないと思っている。

それは彼女も同様ではないか。

同様ではなかったとしても、つまらない女性を魅了できずに、どうやって魅力的な女性をものにできるというのか。

 

yuuは奮い立った。

 

「そういえば、とっておきのシャンパンを出してくれる店があるんだ。

2件目を打診。

2件目へ。

 

yuuは攻めたいと思った。

かのじょの一番興味がある領域で、俺の価値を提示しようとおもった。

一番強力な領域である。

 

かのじょは、本当に無趣味だった。

かのじょの関心を引かない物事の中でも、少しく強力にかのじょの感受性を惹起したものは、映画だった。

かのじょは学生時代、TSUTAYAでバイトしていた。

 

終わった。

yuuは、映画をほとんど見ない。

本については、他の人が5光年進むうちにも読めないほど多く、深く読んできた。

が、映画については、まったくだ。

マトリックスしか覚えていない。

 

次の策を。

具体的な興味関心から一段降りて、かのじょの気質を形成する何かをつかもうとした。

かのじょは負けず嫌いだった。

弟に喧嘩に負けたくない、その思いから合気道も始めていた。

 

ダーツの話しへ。

ダーツで勝負して、負けた方がアルコール摂取から、負けたら俺の家に行こうor自然に家打診の流れを構想した。

 

が、もう遅かった。

時間は終電5分前であった。

それを引き止められるほどに、おれは彼女を魅了できていなかった。

 

惨敗だった。

 

帰宅。

そこに元カノから連絡が。

「泊まりにいっていい?」

 

また元カノとセクしてしまった。

 

==========

学び

 

  • 相手をつまらないと切って捨てるほどに、yuuは興味深い人間ではない。短時間で相手を魅了できる程の魅力がない。自分がつまらないと思う程度の女性は無造作に落とせるほどに、自分を磨け。
  • ただ、次の命題の真偽は不明。「yuuがつまらないと思った女性を落とせないのであれば、yuuは魅力的だと思った女性も落とせない。」経験的に、この命題は真ではない。魅力的な女性を魅了するスキルは、魅力的ではない女性を魅了するスキルとは違うのかもしれない。

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W