読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

vanityの壁 121215

121215

 

23時。六本木でレビトロと待ち合わせ。

今日のフィールドはvanityだ。

 

「今六本木で一番熱いクラブは?そう聞かれたら俺は迷わず即答する。vanityだ。」

ある人はこう言っていた。

何よりも、女性のスペックが高いらしい。

 

yuuとレビトロは、期待に胸を高鳴らせていた。

並びながら戦略を確認。

目標は、5バンゲ。高スペックな準即案件を確保する。

フィールドが変わったからといって、特別なことはしない。

いつも通りだ。

いつも通りにやれば、俺達ならいける。

そう信じていた。

 

 

 

1時間ほど並び、体が冷えきったところで入場。

vanityの熱は、2人を完全に怖気づかせた。

 

音楽の音が大きく、声が通らない。

camelot程の爆音ではない。

しかし、museのエントランスフロアに慣れきった2人にとって、vanityの音量は飛行機のジェットエンジンさながらだった。

 

「大丈夫だ。いつもどおりにいくぞ。」

 

1組目に声掛け。いつものオープナー。

「え?聞こえない。」

コミュニケーションが成立しない。

なんとか声を届けようと、つい姿勢が前のめりになってしまう。

失敗だ。yuuのような高身長が前のめりになると、相手に余計な威圧感を与えてしまう。

オープンしきる前に離脱した。

 

俺たちは、常にターゲットから距離をとって話していた。

ターゲットに対して直面せず、体の側面を向ける。

最初から直面すると、こちらの興味が相手の無意識に余計に感知されてしまうか、

人によってはこちらの価値を下げることになる。

相手がこちらに興味を示さないかぎり、相手に興味をもっていることを示さない。

だから、相手が身を乗り出してきたり、IOIがあってはじめて、相手に直面するようにしている。

 

vanityでは、そのこの戦術が通用しなかった。

まず、声を通さないことには何も始まらない。

 

2人は悩んだ。周りを観察した。

うまくいっている奴は、強引にノリで絡んでいるか、ドリンク・フックを使っている。

両方とも、yuuとレビトロのスキルセットには入っていなかった。

強引なナンパはやらない。好きではないから。

ドリンク・フックはやらない。ドリンクを口実にオープンしても、こちらのスキルが上がらないし、面白くないからだ。というのは表の理由で、俺たちに金はないから、というのが本当の理由だという説もある。

 

「あくまでもいつもどおりだ。でも1つ変えよう。声量だ。」

レビトロと会話しながら、通じる声量を確認する。

と同時に、ターゲットを探す。

 

いた。

8&7。museではありえない高スペのセットだ。

男が張り付いているが、あの距離感はフックできていない。

剥がれるまでに時間はかからない。

音楽を愉しむフリをしながら、様子を伺った。

剥がれた。

「ここだ。」

お互いの背中をたたき、3秒ルールで声掛け。

オープナーは通らなかった。

なんとか、会話をつなげ、1対1に持ち込む。

俺は8を担当。

札幌から東京に来たかのじょは、芸能事務所に所属し、グラビアをやっているという。

「すごいね!どおりでかわいいわけだ。」

失敗した。こんな言葉、彼女は聞き飽きているだろう。

絶対に褒めてはいけない。

頭ではわかっていた。が、高スペ相手にyuuはビビっていた。本心が口をついて出てしまった。

相手の興味が覚めるのがわかった。

なんとかネグろうとするが、頭が回らない。完全に飲まれていた。

相変わらず声が通らず、会話も盛り上がらない。

レビトロも同じだった。

ナンバークローズもせずに放流。

 

悔しかった。

 

yuuは虚栄心と虚勢の塊だった。

「とことん悔しい思いをしよう。問題点を特定して、次に活かすんだ。」

yuu達は早々とvanityから逃れた。

 

作戦会議。

問題を発見し、その問題を解消する仮説を構築し、そして検証することは、yuuとレビトロの得意技だった。

今回の問題は2つ。

ひとつ。声量が足りない。

ふたつ。高スペを相手にした経験がたりない。(だから自信がもてず、いつもどおりに振る舞えない。)

 

ふたつめの問題は、場数が自然と解消するであろう。

さらに、お互いトレーニングをして声量の問題を解消するのだ。

 

この解決策が依拠している仮説は、「俺たちのルーティーンは、声が通ったならば、高スペ相手にも通用する。」というものである。

 

この仮説を検証すべく、yuuとレビトロはmuseに向かった。

museでは声が通る。いつもの空間で、自信も持てる。

つまり、上述の2つの問題点を解消した俺たちを、時間を先取りして演じることができる。

museは仮説検証の場として最適だった。

museには、1人か2人しかいないであろう、8~9の高スペにアプローチし、仮説を検証する。

 

まさかの入場規制。3時までは入れないという。

が、いつものセキュリティの方の好意で、思いのほか早く入場できた。

ありがとうございます。

 

入場規制がかかっていることから、人が多いことは容易に想像できた。

 

とりあえずフィールド分析。

男女比は男:女=7:3

状況はそれほど悪くない。

女性のスペックは、いつも通り。5~6がボリュームゾーン

8~9は見つからなかった。

どこかにいる。そう信じて、いつものエントランスフロアにポジショニング。

1バンゲ。

と、ここで先日準即した28才ITガールに遭遇!

「何やってるの?」

動揺するyuu。明日は仕事だからと嘘をついて、アポを断っていた。

「そっちこそ?いい男は見つかった?」

余裕を装う。

「後で一緒に踊ろう。」

そう言って離脱。

心苦しさをおぼえる。

 

「そんなこともある。かのじょも気にしてないさ。」

レビトロの励ましが響いた。

 

目標を思い出し、ターゲットを待つ。

必ず現れる。

 

 

いた。

ソファーの隅っこで、女性2人で携帯をいじりながら疲れた顔をしている。

8&5のペアだ。

あの8を狙うことに決めた。

何組かが既にアプローチしているのは確認した。どこも早めに離脱していた。

かなり堅そうだ。

 

こういう女性にこそ、いつものオープナーが活きる。

 

オープン。

成功。

ただ、前のめりになりすぎた。

近いと言われてしまう。

高スペ相手だと、どうしても興味関心を隠しきれないスケベyuu。

 

いつもの心理ゲームルーティーン。

 

盛り上がったが、ほころびが生じた。

レビトロとyuuは、真横で全く同じルーティーンを駆使していた。

「まったく同じ事言ってない?」

つっこまれる。ハイタッチでなんとかごまかす。誤魔化せたのか。分からない。

初歩的なミスだった。

気負いすぎていた。

会話は盛り上がったが、ナンバークローズはできず。フェイズ・シフトの勇気をもてなかった。かのじょたちから断られるのが嫌だった。

 

離脱後、1バンゲ。

 

いつもなら六本木ラーメンで反省会だが、今日の俺たちは吉野家で惨めさを味わった。

 

====================

成果

2バンゲ

 

学び

・女性のもつ外見についての相対的尺度は恐ろしく感度が高い。museとvanityでは、そこにいる女性のスペックが明らかに違っていた。

・結果を気にしてはだめだ。拒絶も次に活きるフィードバックとして、最終的な結果が出るところまではやらなければ。

 

・何よりも、かわいい女性に囲まれるのは怖い。

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W