読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

αフィメイルを攻略するヘッドピンはどこか?

 

"Atraction is not a choice"

魅了は選べない。

 

ミステリーが好きな言葉だ※1。

人間は、感情によって行為へと動機づけられる。

理由/理性は、その決定を事後的に正当化するための方便である※2。

だから、魅了は選択の問題じゃない。

「あの子いいな。」

「かれが気になる。」

こう思った時、人々は、合理的な熟慮を得て魅了されることを決定しているのではない。

それは、選べない。そう思ったときは既に、魅了されてしまっているのだ。

 

 

 

俺たちが狙うαフィメイル―高学歴かつ容姿端麗の女性―にとっても、これは同じだろう。

かのじょたちもまた、人間である。

高い知性がもった人は、必ずしも自制心―感情のドライブを抑制する機制―に優れているわけではない。

俺たちが狙うかのじょたちにとっても、魅了されることは選択できないのだ。

 

俺たちが、かのじょたちの感情をドライブさせればいい。ただそれだけである。

 

では、何がきっかけで感情がドライブするのか。

 

男は、女の美しい顔や魅惑的なボディラインに弱い。

それと同じかそれ以上に、かのじょたちは男の社会的地位に弱い※3。

 

現代の日本では、社会的地位の最たる指標は勤務先の企業名である。

この指標の上に、かのじょたちと俺たちを並べる。

かのじょたちは、俺たちのずっと上にいる。

 

だとすれば、これは積みゲーか。

プロジェクト六本木の終了をつげる鐘が聞こえたか。

 

 

 

そうではないだろう。

社会的地位単体は、かのじょたちをドライブしないのだ。

実際そうであっただろう。

俺達は、βフィメイルたちを巡るこれまでの戦いで、一流企業に務める男たちを蹴散らしてきた。

museによくいる外コンや商社マン、酒がでてくる優秀なATMであるvanity VIPの外銀マンたち。

かれらは、俺たちよりも「企業偏差値」で上位にいるが、俺たちにβフィメイルを食われていた。

 

何がどうなってるんだ?

かのじょたちを倒すヘッドピンはどこだ?

 

わからない。

 

以下の仮説がある。

1. ターゲットと自分との間にある社会的地位の差が、ある閾値を超えて+になることがまず重要である。

かのじょの企業偏差値が55とする。

偏差値が60の男Aと80の男Bがいる。

AとBはかのじょにアプローチした。

Aはかのじょをものにしたが、Bはものにできなかった。

企業偏差値ではA<Bなのに。

なぜか。

おそらく、重要なのは、企業偏差値そのものではなく、偏差値の差であるからである。

しかもこの差は、一定の値を超えてしまうと、すべて等価になるからだ。

「一定の値」を5であると仮定する。

この場合、かのじょにとって、偏差値が自分より5以上高ければ、十分である

60であろうと80であろうと、かのじょによっては同じ価値しかもたない。

Aが勝ったのは、社会的地位以外の点で、Bを凌駕していたからだ。

ターゲットの偏差値が60であった場合はどうか?

おそらく、Aが負け、Bが勝つ。偏差値70のCがいた場合、BとCが争い、+αでまさっている方が勝つだろう。

 

2.社会的地位以外の+αが、次に重要である。

この+αは、顔かもしれないし、ユーモアかもしれないし、αメールっぽさを演出する振る舞いかもしれない。

この+αが圧倒的に大きければ、企業偏差値は重要ではなくなる。

たとえば、企業偏差値30であるがとんでもないイケメンであるDが、企業偏差値80であるEに勝って、上述の偏差値60のかのじょをものにした場合。

Dの容姿は、Eとの偏差値の差50を軽々と埋めてあまり余ったのだ。

 

俺達は、αフィメイルに対してかならず企業偏差値では負ける。

だとすれば、鍛えるべきは+αの方だ。

 

少し考えた結果、あたりまえの結論しかでなかった。

やはり俺の脳みそは八丁味噌か。

ファック・ミー

 

+αでは、俺達は一般的な大企業の男たちを上回れているはずである。

まだまだ足りないはずなので、このまま+αの向上に努める。

それ以前のボトルネックは、やはりαフィメイルにアプローチするルートが希薄なことだ。

どこに行けば、かのじょたちに会えるのか。

平日の夜、某ヒルズ前などでピンポイントに狙い撃つか。

仕事との兼ね合い上、困難である。

人脈をたどって休日に到達するか。

あっというまにリソースは枯渇してしまう。

 

アプローチに成功して、αフィメイルを一瞬だけものにできたとしよう。

しかし、一瞬だけの関係を築くことと、長期的な関係を築くこととは、別の問題である。

 

PUAメソッドは、+αについての体系だ。

それだけでは十分ではないのだ。

 

やはり、「ヒモ理論」が必要なのか。

ヒモ理論とは、その名の通り、ヒモになるための手法を一般化した体系である。

ナンパ師の上位個体であるヒモ師は、αフィメイルたちを継続的に虜にしている。

何かが違う。

そうだろう。

俺たちはヒモになりたいわけではない。

一度なってみたいとも思うけど。

 

 

 

考えても筋の良い答えがでない。

問いを間違えているのだろう。

問いが決まれば、答えも自ずと決まる。

 

なぜ、うまく問うことができないか。

解消すべき問題が明確ではないからだ。

αフィメルに挑んだ経験がないから、現状で何が足りないのか分かっていないからだ。

少ないリソースを駆使して、まずアプローチしかける。現状を把握する。

 

怖いか?

らしくない。ビビるな。

急げ。

時間は限られている。

 

※1 もともとはDavid DeAngeloの言葉。cf. Double Your Dating.

 

 

※2 理性は、情念の奴隷である。cf. David Fate Norton and Mary J. Norton (eds.), David Hume, A Treatise of Human Nature, Oxford University Press, 2000.

 

A Treatise of Human Nature: Being an Attempt to Introduce the Experimental Method of Reasoning into Moral Subjects (Oxford Philosophical Texts)

A Treatise of Human Nature: Being an Attempt to Introduce the Experimental Method of Reasoning into Moral Subjects (Oxford Philosophical Texts)

 

※3 伝説のPUAスタイルは言った。「女をひきつけるおのの一つがライフスタイルと成功だ。・・・もしお前がセレブのクライアントたちを抱えた有能なエンターテイメント弁護士だったら、どんなにゲームがちょろいか考えてみろ。」cf. 『ザ・ゲーム

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ニール・ストラウス,田内志文
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2012/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 75回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W