読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

六本木クラブvanityでナンパ、即―乱れるyuu宅― 20130118

2013年某日

 

本日は久しぶりにレビトロと。

お互い少しは成長しただろう。この状態でレビトロとコンビを組めるのが楽しみだった。

"Tonight gonna be a good night〜♪"

コンビニで待つレビトロに歌いながら声掛け。

「酔ってるのか」と一蹴されるyuu。

バンゲならず。

順調なスタートだ。

 

 

00:30にロアビル前に到着。

消化するのに30分はかかりそうな行列ができている。

「これって、vanityですかぁ?」

女性の声だ。

俺たちの一組後ろの男たちに声をかけていた。

 

「女の子なら並ばずに入れるよ。」

すかさず声をかけるレビトロ。流石である。

グループセオリー―集団に声をかけるときの鉄則。ここでは男女が混ざった集団に対する声掛けの鉄則、「まずは男を魅了する」のこと―は無視だ。

逆ナンパではなさそうだったし、そもそもグループセオリーは必要ない。

「案内するよ。そうだ、俺達も一緒に入っていい?」

vanityには、女性に対するアファーマティブ・アクションがある。女性だけなら並ばずに入れるのだ。さらに、女性とペアの男性も並ばずに入ることができる。ただし、混んでない時間に限る。

 

しばし和み。

酒をねだられた。

yuuとレビトロは、原則として女性に酒を奢らないようにしている。

それではつまらないからだ。

ドリンクフックでオープンし、和むことは容易い。

ゆえに、こちらのスキルは向上しない。

さらに、ドリンクを奢ることは、こちらの価値を貶めることになる。

クラブでは、そこら中の男がそこら中の女に酒を奢っている。

下心とアルコールの交換は、クラブの常識である。

その常識は、違反すべきものだ。

常識に従うやいなや、男は多数の中のひとりに埋没してしまう。

PUAは、常に例外でなければならない。

 

 

入場すると、いつものvanity。

男女比は男:女=7:3

先週よりは空いていたか。

 

戦略はいつもどおり。

目標は準則案件のストックに設定した。

1組みあたり15分でナンバークローズして放流。

これを繰り返す。

もしターゲットのうち最低1人が即れそうなセットに出会ったら、軌道を修正する。

即を狙うのである。

2人一緒にyuu宅orレビトロ宅に連れ出す(ここから先は、asapenさんからヒントをいただいた)。

宅で和みながら、即れそうな方からギラつく。

セク後、相手を交換し、合計2即ずつ達成。

 

 

入場してさっそく声掛け開始。

適当なオープンから和み。

何組かに声をかけて、結果は2バンゲ

 

高スペには声をかけられないでいた。

8以上の女性に対しては、未だにビビってしまう。

「どのオープナーでいこう。」

このように考えてしまっているとき、yuuは既にビビっているということがわかった。

自信があれば、オープナーのことなど考えないものだ。

 

vipで配布される光る棒がある。

何故かレビトロがそれをゲットしていた。

その棒を動物に見立ててかわいがる。ムツゴロウオープナーの誕生だ。親はレビトロ。

秀逸だった。

2人でゲラ笑い。

勢いで近くにいた2人に声掛け。

高スペではない。

 

 

が、即系だった。

いきなり抱きつかれる。

「おいおい、そういうのはタダではやんないよ。商売道具から手を話してくれ。」

離れない。

弾丸ギラ発動

「じゃあ代金をもらうよ。」

キス

ノーグダ

パイ

ノーグダ

手マ○

セキュリティから注意を受けるyuu。

本当にごめんなさい。

 

ダンスフロアに移動して、人混みにまぎれてギラつきつづける。

「やめだ。俺はこれ以上はここではやらないよ。」

猫の前に垂れ下がる糸になれ。

「じゃあお兄さんの家いきたい。でも友達も連れてかなきゃ。」

 

4即の

 

 

チャンスが

 

 

来た。

 

 

 

 

レビトロにLINEを飛ばす。

yuu「即系」

レビトロ「おいらも」

 

エントランスで待ち合わせ後、yuu宅へ。

レビトロの相手は、ややぽっちゃりしているものの爆乳で目が大きくかわいかった。

さすがレビトロだ。嫉妬させてくれる。

 

俺の相手の子をレビトロにまかせて、yuuはその子と先に自宅へ。

その子の体調が少し優れなかったようであるから、先に休むためだ。

というのは名目。

目的は、ギラをしかけておくことである。

2即目へのシフトがスムーズに進む。

入室後、部屋を一緒に片付ける。

弾丸キス

グダ

片付ける

何事もなかったかのように。

一度押したら一度引く。

キス

若干のグダ

ながらもなんとかキス成功。

「めっちゃ大人だ〜」

準備は整った、かに思われた。

 

レビトロたちが到着。

スパークリングワインで乾杯!

 

さっそく体調が悪かった子が限界に。

ロフトに上がって休んでもらう。もちろんレビトロも一緒に。

yuu宅のロフトにあるのは?

寝床である。

 

隔離成功。

ギラつき開始。

ノーグダ。

が、勃たない。

酒を飲み過ぎた。

くそっ6人の近藤さんを犠牲にした。南無阿弥

 

レビトロは、まだ決めかねているようだった。

相手の子は、体調が悪かった。

どうせまたグダだろうと思った。

ちがった。

吐いていた。

 

グダと読み間違えていたyuuは、案の上、ゲロ子あらためその子から嫌われているようだった。

自信は大切であるが、過剰な自信は相手の立場の無視に繋がってしまう。

それではただのオナニー野郎だ。

今日のyuuはオナニー野郎だった。

自信と配慮のバランスを。

 

朝になっても、その子の体調は回復せず。

2即は諦めて、レビトロとその子で帰宅することに。

yuuはもう一人のこと一緒に残る。

再びセク後、放流。

 

====================

■コスト: ¥9,200

 エントランス料金: 3,500

 ロッカー代: 300

 ドリンク代: 1,600

 タクシー代: 2,500

 スパークリング・ワイン代: 1,200

■成果

1即2バンゲ

 

vanityでの初即。

やはり即だとCPS(コスト・パー・セク)を抑えられる。

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W