読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

vanityを陥落せよ

121218

 

yuuは苛立っていた。

先日のvanityでの自分の不甲斐なさに。

 

23時、仕事を終えるとyuuは六本木へ向かった。

ソロでvanityへ挑むのだ。

 

制限時間は24:00-25:30までの1.5時間。

最低でも1人の高スペとナンバー・クローズをする。

 

 

 

エントランスをくぐり、仰々しいあの受付で支払いをすませる。

 

中にはほとんど女性はいなかった。

 

が、良い出会いがあった。

女性が入ってくるまでの暇つぶしでも。

yuuは男性のグループに話しかけた。

その男性のグループは、某有名ナンパブログを執筆している方のグループだった。

ブログで募った人びとと、合流しているところだった。

会話に交ぜてもらう。その方からは自身がみなぎっていた。

合流していた他の方々は、そのナンパブロガーから学ぼうと来ていた。

yuuも教わりたかった。

 

が、今日のyuuに残された時間は少ない。

それに、そのブロガーの方は、ナンパを教えるつもりで合流したわけではなく、みんなで楽しむことを目的に合流を呼びかけたようであった。

 

このブロガーの方に教えを請うためにも、yuuは差別化を図ることを決めた。

そのブロガーの方も含めて、このグループの誰よりも先にナンバー・クローズするのだ。

そして、俺に興味をもってもらい、次回にじっくりと教えを請う。

 

25時も近くなり、女性がちらほら入場し始める。

「そろそろ始めましょうか。」

各自、店内に散らばる。まだ様子を見ているようで、アプローチの気配はない。

ここでターゲットが来れば、機会が成立する。

時が来た。

8&8の2人組。

高スペセット。

 

3秒ルール

声を張る。

「こんばんわ。2人で来たの?」

友達の相談オープナーにつなげる。

ただ、声が通らない。

yuuは作戦を切り替えた。

2人のうち、主導権を握っている方にターゲットを絞った。

かのじょの横に移動。

圧迫感を与えないように、横から耳に顔を近づけて話す。

あとはルーティーン。

ここまで来たyuuに、何も障害はなかった。

偽りの時間制限。

「そろそろ友達が来るから行かなきゃ。次回はどうやって君に連絡を取ればいいかな?」

ナンバー・クローズ。

24才の美容師だった。

 

合流していた方々にあいさつをして退店。

翌朝、そのブロガーの方から「今度コンビでやりましょう!」と連絡をいただいた。

ありがたき幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W