読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

大学生準即―オープナーの耐えられない軽さ,αの重さ―

2013年某日

 

20:30

渋谷の109前に到着。

 

かのじょの姿はなかった。

 

ドタキャンか。遅刻魔か。

 

ストを打とう。TSUTAYA前に向けて一歩踏み出した瞬間、携帯が鳴った。

 

「ごめんなさい。今09の中にいます。もう着きましたか?」

 

 

 

 

 

あれは、3週間前の金曜日だった。

かのじょは友人と2人で、夜の六本木の交差点を浮かない顔をして歩いていた。

 

「俺たちが楽しませてやろう。」

 

レビトロとともにコンビで声掛け。

考えられる限り、もっともくだらないオープナーを切った。

 

「道を聞きたいんだけど、ここ知ってる?」

 

 

 

 

iPhoneこの地図を見せた。

 

「えwwちょっとwww」

 

笑ったかのじょはかわいかった。

 

ともかく、第1目標は達成した。

次のフェイズへ。

 

「ってのは冗談。君たちがあまりにもつまらなさそうにしてるからさ。

どうしたの?そんな顔して。金曜日は嫌い?」

 

IDを忘れて、vanityに入れなかったらしい。

一瞬の和み。

その日はレビトロとの定例クラナンの日だったので、ナンバークローズして放流した。

 

 

7※1。低身長。yuuのタイプだった。

 

 

 

 

たったそれだけであった。

 

5分も過ごさなかっただろう。何を話したのかも覚えていない。

 

しかも、明らかなネタナンパ。theがつくほどのneta-nanpaである。

 

アポの確度は低い。

そう踏んでいた。

 

ナンパは、この日本において、タブーといっていいほど半社会的な行為である。

 

その半社会的な行為が、成功する。

 

なぜか。

 

偶然の装いが、反社会性を免罪するからだ。

偶然は、あくまでも装われたものである。

本当は、ナンパをして、ナンパされることをお互いに意図している。

しかし、そこに何かの常識的な退路が曲がりなりにも残されていること。

これが成功するナンパの条件だと考えていた※2。

クラブに踊りにいった。六本木を歩いていた。

そこで、たまたま声をかけられた。

すべてが、計画された偶然である。

踊るという目的や、何の変哲もない声掛けは、その計画性に気づかないふりをするための言い訳であり、あまりにも見え透いたカモフラージュである。

ナンパを支えるのは、このアイロニカルな偶然性である。

 

今回は、これを無視した。

あらかじめ用意された地図を見せた。そこに偶然性が立ち入る余地はなく、計画性が支配していた。

 

 

クラブに入場後、かのじょからLINEが飛んできた。

 

「vanity、やっぱ入れなさそうですか?」

 

 

無視した。

あのようなナンパが、かのじょを惹きつけるはずはない。

yuuに連絡してきた目的は、yuuではなく、vanityへの入場である。

そう考えたyuuは、そのLINEを無視していた。

 

 

 

 

 

俺は、妥当か?

 

数日後、ふと頭によぎった。

yuuはたしかに、もっともらしい仮説を立てた。

偶然性は、成功するナンパの必要条件であると。

 

その仮説は、検証されたものか?

検証されていない。

検証できるのではないか?

しかも、低コストで。

LINEをひとつ飛ばせばいい。

 

かのじょにLINEを飛ばし、アポ打診。

 

 

yuuの仮説は、あっさりと棄却された。

偶然性は、必要条件ではなかった。

 

 

 

今回のアポの目的は、yuuの魅力をyuu自身が理解することである。

あからさまなナンパに、どうしてついてきたのか。かのじょにヒアリングするのである。

 


もちろん、準即もですよへへへ。

 

 

 

 

 

 

「どうした?背ちぢんだだろ?」

 

おなじみのこいつで軽くネグ。

 

「今から牛乳100杯ごちそうするよ。行くぞ。」

 

 

ビールを2杯注文した。

x才。某KnockOut大学文学部の学生。

 

こちらの目を見ず、早口でしゃべっている。

緊張しているようだった。

何かに怯えているようにさえ見えた。

 

何に怯えている?

 

人見知りか?

であれば、今回は来なかっただろう。

 

セックスか?

一度もギラついていはいないが。

有り得る。

ナンパという事実は、それだけでセクシャルな関心を伝達するのに十分だ。

じゃあ、今日はどうして来た?

何を求めてきた?

 

かのじょには、6年間付き合っている彼氏がいた。

 

その彼氏は、αメイル※3だ。

人間は、稀少なものを欲しがる。

αメイルは、その定義上、群れの頂点にしかいない稀少な存在である。

彼氏は、かのじょを極端に放置していた。

かのじょは、先日から六本木のクラブ―ナンパする方ではなく、会員制キャバクラの方―でアルバイトを始めた。そのことは、彼氏も知ってる。

彼氏は、それを許容していた。

αが成せる余裕の振る舞いだ。その余裕は、自分の稀少性をかのじょに十二分に伝えていた。

実際に、彼氏は複数の女の影を漂わせているようであった。

かれは、某一流企業に努め、仕事もできる。

名実ともにαである。

 

かのじょは、αなかれの彼女である。

話を聞くかぎり、かのじょは間違いなくモテるはずであった。

顔はかわいく、こちらの質問に的確に応えるだけの知性をもっている。

 

にもかかわらず、αの前では、そんな自分自身がどうでもいい存在に感じられる。

 

 

αが圧倒的だった。

かのじょは、αに宙吊りにされることで、自分に対する自信を喪失していた。

稀少なかれに対して、どこにでもいるわたし。

この非対称な構図に、かのじょは縛られていた。

かれを失ったら、よい男性には出会えない。そう信じていた。

 

 

 

3ヶ月前、そんなかのじょは、クラブに行き始めた。

男からのアプローチを得ることで、自分の価値を確かめたいようであった。

 

 

「彼氏ほど頭のいい人がいなくて。みんないい人なんだけど、微妙だった。」

 

 

クラブで出会った男は、かのじょの目にはβに映っていた。

 

一度αに魅せられた女性は、βには満足できないのであろう。

 

そんなかのじょも、一度だけ浮気をしたことがあった。

いや、この表現は正確ではない。

かのじょにその気はなかった。

泥酔している間に、サークルの男子に襲われていた。

レイプだった。

 

自分の価値を確かめたい。しかし、セックスは怖い。

このアンビバレントな感情が、かのじょの怯えにも似た緊張を生んでいるのだろう。

 

どうする?

 

解は単純だった。

yuuが、彼氏に勝るとも劣らないαであればよい。

 

これは不可能な解であった。

αになど、一朝一夕になれるわけではない。

 

何がその人をαたらしめるのか。

その人自身である。

その人が築いてきた社会的・経済的地位。

無数の女性との夜。

そしてこれらの根幹にある秀でた知性、野生的な体力、ひととなり。

 

その人の生が総体となって、αであることを女に悟らせるのだ。

 

yuuは、そのどれにも達していなかった。

この時点で、かのじょからのIOIは確認できていない。

 

積んだか。

 

まだだ。

本物のαではない。

しかし、αを装うことはできる。

αの雰囲気を出すのだ。

αは、女性に媚びない。

かれに寄ってくる女性など、いくらでもいるからだ。

αは、自分のことについて、決して多くを語らない。

わざわざ口に出さなくとも、自然と相手に伝わるからだ。

 

これらのことは、yuuが常に気にかけてきたことであった。

クラブで酒は奢らない。

女性と話すときは、可能な限り重心を後ろに。お前に興味はないんだ。姿勢でそれを伝える。

ドリンクフックで女性に声をかけ、前のめって必死にボディタッチをする男ほど、β臭を漂わせるものはない。

 

いつもどおりに実践するのみだ。

 

ネグ、ネグ、持ち上げる。

持ち上げるときも、相手の長所には当てない。

かのじょの魅力的な目を、褒めない人はいないだろう。

そこは無視する。

短所を褒める。

PUAは常に例外でなければならない。

 

 

 

ネグとともに、かのじょからのボディタッチが増える。

 

「おいおいちょっと待ってくれ。いつもそんな感じなのか?

俺はボディタッチで落ちるほど、簡単じゃないんだ。」

 

この冗談めかしたネグをかまそうとしたその時、

iPhoneが震えた。

 

昔vanityでバンゲした子からだった。

 

 

 

出るべきか?

 

 

 

頭のギアを一番上まで上げた。考えた。

 

出れば、チャラいイメージがつく。

これは、相手によってはネガティヴな効果をもたらす。

しかし、うまくいけば、αめかした余裕を伝えられる。

 

かのじょは、俺がクラブにいくことを知っている。

その時点で、ある程度チャラい人間だということは既に伝わっている。

 

 

それだけでは、ただのクラブによくいるβだ。

足りない。

実際に女性を惹きつけているαだということを示さなければ。

 

 

これは、絶好のチャンスだ。

 

 

目の前の君じゃなくても、代わりはいくらでもいるのだ、このメッセージを伝えよう。

 

 

 

「電話するから、少し黙ってな。」

 

そう言って、電話に出た。

 

電話口のかのじょは、yuuを誘ってきた。

友人との飲みが終わり、新宿にいるらしかった。

 

 

 

yuuは賭けに出ることにした。

これをきっかけに、一気に家打診をかけるのだ。

 

「ちょっと待ってな。」

そう言って、iPhoneの通話口をふさいだ。

 

「ワイン飲める?俺の部屋に、この前宅飲みしたときのが1本余ってるんだ。1人じゃ飲めないから、一緒に飲のもうぜ。」

 

即答はなかった。

 

失敗か。

 

 

 

 

いや、まだ手はある。

 

 

時間制限だ。

 

「あと5秒で教えて。じゃなきゃ、この子と飲むから。」

 

 

 

 

 

 

 

賭けに勝った。

 

電話口のかのじょに、会えない旨を伝え、電話を切る。

 

この勢いを逃してはいけない気がした。

立ち上がり、コートを羽織る。

 

「どうした?行くぞ。」

 

タクシーを使ってyuu宅へ。

 

「そうやっていろんな女の子と遊んでるんでしょ?」

 

肯定も否定もしなかった。

 

「よく言われる。真実は想像に任せるよ。」

 

 

 

 

 

ワインで乾杯。

和み。

そして、いつもお世話になっております、ロフトルーティーンからのベッドイン。

 

ノーグダ。

 

即or準即以外では抜かないと決め、オナ禁をしていたyuuは即効で果てた。

 

 

 

 

ことを済ませたあと、かのじょに尋ねた。

 

「どうして俺についてきた?」

 

 

 

 

「なんか、頭がよさそうだったから。

『しかしながら』なんて言うひと、初めて会った」

 

 

5分間の会話の中で俺が不意に発した「しかしながら」という一言が、かのじょに刺さっていたらしい。

 

 

 

女性はやはり、最大の謎である。

 

 

「子守唄の代わりに、俺の論文を朗読してやるよ。」

そんなことを言いながら、いつの間にか眠りについた。

 

 

 

 

 

今回の案件は、高スペだった。

満足できると思っていた。

しかし、できなかった。

悔しかった。

yuuは、αではなかった。

αを装い、さらに偶然に助けられただけであった。

おそらく、本物のαであるかのじょの彼氏は、yuuを鼻で笑うであろう。

 

最近のyuuは、ナンパに囚われすぎていた。

以前なら仕事のことを考えていた時間も、ナンパが侵食していた。

 

もっと自由に、自律的にナンパを楽しまなければ。

ナンパで遊ぶことはあっても、ナンパに俺の人生を遊ばれてはいけない。

ナンパは、あくまでもゲームだ。

 

生の全ての領域で成果を上げよう。

ナンパが目的ではない。

αになることが目的だ。そうすれば、女性も他のものも、自然とついてくる。

ナンパは、そこに至る手段のひとつにすぎない。

目的を見失うな。

目的は、αだ。

 

==================

CPS: ¥8,000

目標達成進捗: 12/30人

 

 

※1

クラスで一番かわいいレベル。

cf. 8, 9, 10とは誰のことか?

 

※2

ただし即系を除く

 

※3

哺乳類の群れを率いるオスであるリーダー個体のこと。その群れの雌は、かれの所有物である。雌は、かれの遺伝子を欲し、かれに群がる。

ちなにみ、βメイルとは、その群れに属するその他の雄のことである。βたちは、αのおこぼれにあずかることによってしか、自らの遺伝子を残せない。

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W