読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパ,あるいは偶発的に出会った女性を魅了するという行為について

このブログに露呈した下劣な思考が,あなたには見えているでしょうか?

ある種の即系ナンパ礼讃

即系ナンパでもいいじゃん。

 

もっとも、

自分が肯定あるいは承認されることを目的とした即系ナンパは、無益だと思うが。

即から承認は得られないから。

即という関係は、見知らぬ人々の間での関係でしかない。他方、承認は、見知らぬ人々の間で交換される価値じゃない。

 

 

承認は、名前とユニークな物語を抱えた有名の人だけが与えることができる価値である。

自分の両親、好きだったあの子、会社のあの上司、仲のいいあいつ、こういう人たちからの肯定が、承認である。われわれが欲するのも、漠然とした「承認」ではない、有名のあの人からの承認である。

名前をもったあの人はみんなユニークな存在である。そういう人たちからの承認は、ユニークネスを欠いた匿名の穴からの「承認」とは代替不可能である。即った子の名前と声を、あなたはいったいどれだけ覚えているだろうか?

 

 

 

承認とは、お互いのユニークな世界を開示し受け入れ合ったときに生じる価値である。

このユニークさが承認をかけがえのないものにしている。

そして人の生がとてつもなく大切に思えるのは、その人の生がユニークな、かけがえのない世界であるからであり、身近な人の死がとてつもなく悲しいのは、その死によってひとつの世界が失われたからであり、その世界はユニークなゆえに二度と取り戻せないからである。

 

 

即というコミュニケーションからは、このユニークさの交換、世界のコミュニケーションが欠落している。

だから、そこに承認を求めるべきじゃない。これを理解していないと、いつまでたっても承認なんて得られず、虚しさに苛まれるだけだと思う。

 

 

俺は、即に承認なんて求めない。即は、ただ性欲を満たす手段であり、快楽ゲームとして楽しんでいる。

 

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

クラブナンパ、ネットナンパからストリートナンパまで、あらゆるナンパの実体験を紹介しています。声の掛け方、ルーティーンなどのノウハウや、成果の共有のみならず、独自の考察も共有しています。
フィールドレポート済のクラブリスト
六本木クラブナンパ: vanity, muse, color
渋谷クラブナンパ: camelot
その他クラブナンパ: ageha, W